【必見】株のはじめ方を初心者にもわかりやすく解説!まずこの9つのポイントを抑えよう!!

kabu投資

株のはじめ方② 株式口座の開設方法は?

株式投資を始めるためには証券会社にお願いして「証券口座」を開設する必要があります。

口座の開設自体は無料なので、試しに口座を作ってみるのもいいと思います。ちなみに「証券口座」は一社だけではなく複数の会社で開設が出来ます。

この「証券口座」開設が出来たら株取引の準備が整います。

手続きの詳細としては、銀行口座を作る容量と同じで名前や住所等の必要事項を入力し身分証明書の写しを送付又はオンライン上で処理すれば手続きは完了です。

ネット申込の際は「マイナンバーカード」を持っておくと身分証明書としてかなり便利になります。

免許証だけだと他に住所確認が出来るもの等が必要になるのですが、「マイナンバーカード」がひとつあれば、それをアップロードするだけで手続き完了出来ます。

セキュリティが怖いという方は郵送での手続きがいいでしょう。

すると後日、取引に必要なIDやパスワードが送付されるので、それを使いログインをして取引開始です。

ログインをしたら自分の持っている銀行口座から証券口座へ入金処理をします。

多くの証券口座が入金反映は即日ですので、すぐ始める事が出来ます。

各証券会社により、取引画面やチャートツールなどに差があるので、まずは1つの口座を作ってみて、より良いものがないか常にアンテナを張り、より使いやすい証券会社に乗り換えるというのもひとつのやり方です。

株初心者におすすめのネット証券ランキング表

口座開設・維持無料手数料(一回の約定代金)※税抜
10万円/100万円
少額取引
(単元未満株)
サポート 投資情報
松井証券申し込み無料/1000円
(1日定額のみ)
チャットによるサポートを提供
SBI証券申し込み90円/487円 ※2018年10月現在全般的に投資情報が豊富
ネット上で多数の無料セミナーの視聴可能
楽天証券申し込み超割コース:90円 / 487円、いちにち定額コース:無料 / 858円日経テレコン(楽天版)が利用できる
マネックス証券申し込み100円/1000円(成行注文)、1500円(指値注文)JPモルガンのレポートも無料で閲覧できる
ライブスター証券申し込み80円/340円国内最安水準の手数料
au カブコム証券申し込み90円/990円ロイター、会社四季報など織り交ぜたマーケット情報を提供
GMOクリック証券申し込み88円/436円△ ※売却、買取請求のみコールセンターの対応を評価する「問合せ窓口格付け」で国内最高評価を受けたサポート体制
DMM.com証券申し込み80円/340円△※売却の受付はできない。保有株式に単元未満株が発生した場合などに買取請求できるLINEからカスタマーサポートセンターに問い合わせができる
岡三オンライン証券申し込み定額プラン:無料 / 800円、ワンショット:99円 / 600円トレードツールが業界最高クラスの使いやすさ
初心者向けのツールも充実している
SBIネオモバイル証券申し込みサービス利用料(月額)手数料無料(※)Tポイントを使って株が購入できる月額のサービス利用料で取引放題
引用元-ZUU online

※2019年5月現在
※ただし月間の約定代金合計額に応じてサービス利用料がかかる。
月額200円(月間の売買代金50万円まで何度でも取引可能)/月額1000円(月間の売買代金300万円まで何度でも取引可能)

コメント

タイトルとURLをコピーしました