セルフメディケーション税制とは?対象商品は何がある?

self節税
self

今回は2017年から始まった【セルフメディケーション税制】について分かりやすくまとめてみました。

どんな制度なのか?どんな人が対象なのか?

そんな疑問を本記事を読んで解決できると思います。

次回の確定申告時に利用出来るよう、ここで基本を抑えておきましょう。

セルフメディケーション税制のあらまし

【セルフメディケーション税制】は2017年1月1日~2021年12月31日までの間で特定の医薬品を購入した場合、医療費控除の対象になる特例措置の事です。

期間が決まっている為、期間の延長などがなければ2021年末の購入分までしか、この税制優遇は使えません。

この特定の医薬品は正式名【スイッチOTC医薬品】と言われ医療用薬品から一般用へ転用された医薬品の事を指しています。

【セルフメディケーション税制】を利用する場合は確定申告で申請をする必要があります。

医療費控除の範囲

【セルフメディケーション税制】を利用する事で受けられる医療費控除の範囲についてご説明いたします。

まず対象となる方は、申告する本人 又は 生計を同一にしている配偶者 又は その親族という事ですが、これは要するに同じ財布を使って生活をしているご家族を指しています。

我が家で置き換えると妻と子になります。

例えばご両親と同居していている方はご両親まで含みます。

大事なのは家計のお財布の出どころが同一がどうかで、控除対象に含まれるかどうかが決まります。

医療費控除の金額

本税制を利用した際、いくら控除が受けられるのかをご説明します。

【セルフメディケーション税制】を申請したい年に購入した【スイッチOTC医薬品】の内、12,000円を超えた金額が【総所得金額】から控除されます。

しかし控除の上限額が設定してあり88,000円までとなります。

88,000円を超えた分は控除対象になりません。

控除金額に【所得税率20%】と【住民税率10%】を掛けた分が還付金額になります。

例えば、年中に【スイッチOTC医薬品】を3万円分購入した場合

控除対象額:30,000円-12,000円=18,000円

所得税:18,000円×所得税率20%=3,600円

住民税:18,000円×住民税率10%=1,800円

この場合、5,400円が還付金として戻ってきます。

対象となる【スイッチOTC医薬品】とは?

【スイッチOTC医薬品】とは、先にも述べましたが、医療用薬品から一般用へ転用された医薬品の事になります。

ですからドラッグストアなどで買える医薬品という事になります。

最近では、購入時にも分かりやすいように、お店にも目印が貼ってある所やレシートに印ついている所も増えてきました。

普段、何気なく購入している方は、一度近くのドラッグストアで確認をしてみましょう。

医薬品の種類は実に1,700品目を超え、対象成分は86種類とかなり豊富なので普段購入している可能性も高いです。(2020年3月15日時点の発表内容)

有名な商品だと【龍角散せき止め錠】等も【スイッチOTC医薬品】になります。

医薬品の種類は随時改定され増減しますので都度ご確認ください。

【スイッチOTC医薬品】はAmazonでも買える!

【スイッチOTC医薬品】はドラッグストアで買えるのはもちろんですが、実はAmazonでも購入出来るのです!

これは2014年の法改正で【一般用医薬品】はネット販売も出来るようになった為です。

これによりネット販売が解禁になりました。

ドラッグストア等で【スイッチOTC医薬品】のタグを探して購入するよりも、もしかしたらネットで検索した方が早く見つかるかもしれません。

セールやポイント増額のキャンペーンなどがあればネットでの購入をオススメします。

買うだけでは不十分!その他の要件

実は【セルフメディケーション税制】を利用するには【スイッチOTC医薬品】を購入するだけでは要件が不十分なのです。

要件を満たすには、あと2つ確認しておく必要があります。

まず1つ目が健康管理の為に検診等を受けている。

これはただ医薬品を買うだけではなく、「つね日ごろ健康の維持を意識して自信で病気の予防に取り組んでいますよ」という姿勢が大切で、その取り組みをしていますよ!と証明する必要があります。

ですから「医薬品+健康維持の為の取り組み」がセットの制度なのです。

この条件を満たす取り組みは下記の5つがあります。

1:特定健康診査(メタボ検診)

2:予防接種(インフルエンザ)

3:定期健康診断(会社の健康診断)

4:健康診査

5:ガン検診

この取り組みの中で会社の健康診断は、ほとんどの方が実施していると思うので、この項目に関しては、みなさんが対象になっている可能性が高いです。

そして2つ目は購入時・受信時の領収書(レシート)が必ず必要!

これは意外に捨ててしまっている方も多いと思いますが、必ず領収書やレシートは保管しておきましょう。

すでにない場合は購入店舗や病院へ再発行のお願いをすれば発行してくれると所もあるので一度確認してみましょう。

【医療費控除】とは併用出来ない

通常の【医療費控除】は年間での医療費が10万円を超えた場合に確定申告にて申請出来る税制優遇です。

しかしこの【医療費控除】と【セルフメディケーション税制】は併用が出来ません。

この場合は、その年の医療費の総額によって使い分けをするのが望ましいと思います。

通常の【医療費控除】は要件が「10万円以上の医療費の利用」とハードルが高くなっていますが、控除の上限額も200万円と高額設定になっています。

例えば、その年に出産や妊活による不妊治療、事故等の高額医療があった場合は【医療費控除】を利用し、高額な医療費がかからない年は【セルフメディケーション税制】を選択するといった具合です。

共働き夫婦は両立も可能!

上記で【医療費控除】と【セルフメディケーション税制】は併用出来ないと記述しましたが、これは1人で申請する場合の話です。

もしご夫婦共働きなら、夫の方で【医療費控除】を申請し、妻の方で【セルフメディケーション税制】を申請するという事は可能です。

そこはご夫婦のそれぞれの年収で考えていただき、【セルフメディケーション税制】の対象となる【スイッチOTC医薬品】の購入費は【医療費控除】の申請には使わない選択も出来ます。

ちなみに【医療費控除】は年収による控除額の変動がある為、収入が多い方の方で申請するのが望ましいです。

まとめ

今回ご紹介した【セルフメディケーション税制】ですが、残り期間の短い税制優遇です。

日ごろなんとなく購入している医薬品も【スイッチOTC医薬品】へ切り替える事で今回の控除が使える可能性があります。

控除額が増えれば、その分ご自分の手元に残るお金が多くなります。

貯金をするもよし、投資にまわすもよし、自己投資にまわすもよし

申請出来るものはしっかり申請しましょう。

知らないともったいない制度は他にもいくつかあります。

今後少し興味を持って少しお得に生活出来る方法を探してみるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました